cl

つむじ(頭皮)がかゆいのは頭頂部がハゲる前兆?原因&薄毛との関係は?

つむじあたりの頭皮がかゆいのは、だれにでも普通にあること。でも、そのかゆみはハゲになる前触れという話もあります。

そんなことを聞くと、心は穏やかじゃありませんよね~。つむじがかゆい原因は何なのか、薄毛はげとの関連と合わせて検証します。

つむじがかゆいとハゲるって本当の話?はげないかゆみは?


つむじがかゆくなるのは、やがてそこがハゲてくる前兆という話、あちらこちらのサイトでよく見かけます。

でも、「かゆみ=ハゲ」という関係性は、今のところ根拠が認められないということです。

かゆみというのは皮膚の感覚の一つで、主に何か異常があるときの症状です。でも、それが必ず体の故障を表すものとは限りません

例えば、寒い時に体が温まると、かゆみを感じたりしますよね。それと同じで、「かゆいから何か異変のサインだ」ととらえるのは短絡的ってことですね。

それに、かゆみってそもそも何なのかということは、今だによくわかっていないところも。とりあえず、かゆいだけでハゲることはないようです。

原因によっては薄毛ハゲと関連するかゆみもある

ただし、脂漏性皮膚炎など、継続的な痒みが出ている場合は頭皮トラブルがあり、放置すると頭皮の環境が悪化します。

そうなると髪の正常な成長が妨げられるようになって、抜け毛、薄毛につながる可能性があるんです。

どうも「つむじのかゆみではハゲない」とひとくくりにはできないみたいですね。もう少し詳しくみていきましょう。

つむじにかゆみがおこる原因は何?ハゲとは無関係の痒みも


まず心配なのは、どんなかゆみがハゲやすいかですよね。かゆみの原因から見ていきます。

つむじがかゆい原因①脂漏性皮膚炎

頭皮には常に皮脂が分泌されています。通常は頭皮の表面を覆って、乾燥しすぎないように保護しています。

ところが、何かの原因で皮脂の分泌が増えることがあります。すると、皮脂を栄養源にしている常在菌のマラセチア菌(=カビ)が異常に繁殖。

増えた常在菌が出す分泌物が頭皮を刺激して、炎症を起こします。これが脂漏性皮膚炎なのです。この炎症では、強いかゆみやベタつくフケが出るのが特徴です。

しかも相手がカビなので、少々のことでは消えてくれません。やがて毛根にも影響が及び、髪の成長が弱められて抜け毛、ハゲへ…というコースですね。

つむじがかゆい原因②アトピー性皮膚炎

アトピーというのは体質的に発症しやすい人に起こります。体質なので治りにくくく、出たり引っ込んだりを繰り返すのが特徴です。

かゆみが主な症状で、赤みやヒリヒリ感もあります。出る場所は人によってさまざま。頭にももちろん出てきて、つむじがかゆくなる人も少なくありません。

皮膚のバリア機能が低下するので、刺激や乾燥に弱く発疹を伴う事が多いようです。

細菌感染にも弱く、掻いた跡がかさぶたや炎症になることも。そうなると髪の成長が阻害され、抜け毛が増える可能性があります。

つむじがかゆい原因③接触性皮膚炎

接触性皮膚炎とは、いわゆる「かぶれ」です。主な症状はかゆみで、他に皮膚の赤み、ヒリヒリ感なども。

原因は本当にたくさんあって、数えきれないほど。つむじがかゆくなるのは、ヘアケア用品によるかぶれが大半でしょうね。

ワックスとかヘアカラーの薬剤が原因になりやすいし、成分のアルコールアレルギーでもかぶれます。長期化すれば抜け毛も増えてくるでしょう。

つむじがかゆい原因④皮脂欠乏性湿疹

頭皮が感想し過ぎる状態で、頭皮の皮脂分泌が減ったり、頻繁すぎるシャンプーで皮脂が洗い流されたりした場合、バリア機能が低下します。

頭皮が乾燥して皮膚の角質層が剥がれ落ち、フケやかゆみが出てきます。皮脂の過剰によるベったりしたフケとは違い、乾燥した粉のようなフケが出ます。

これが頭頂部に出ると、つむじ付近がかゆいという症状が出てくるんです。直接ハゲには結びつきませんが、悪化には要注意です。

つむじがかゆい原因⑤日常の生活から起こるかゆみ


つむじがかゆくなるのは病的な原因だけじゃありません。何でもない日常生活からもかゆくなるんです。長期化しないよう注意すべきですね。

ドライヤーの使い方がよくない

シャンプーのあと、ドライヤーで素早く乾かすのは自然乾燥よりもいい事です。でも、やりすぎはいけません。

髪が乾いているのに、水分を取ろうと熱風を当て続けると、頭皮が乾燥しすぎます。温度も上がって、髪や頭皮には大きなダメージになってしまうんです。

シャンプーの方法がよくない

皮脂を残すのはハゲの元。そう思って何回もシャンプーするのは、皮脂を取りすぎて頭皮を乾燥させ、かゆみを発生させて抜け毛のもとをつくるようなもの。

それから、すでに乾燥状態でフケが出ているので、きれいにしようと何回も洗ったりゴシゴシこするのもNG。頭皮環境の悪化を加速することになります。

もう一つ。シャンプーの後のすすぎ不足もいけません。成分が頭皮に残っていると、刺激要因になってかゆみを起こします。

シャンプーの選び方がよくない

ドラッグストアで何気なく買っているシャンプーが原因で、かゆみを起こしてしまうこともあります。

市販のシャンプーは石油系(高級アルコール系)の洗浄成分がほとんど。

洗浄力が強いのはいいんですが、頭皮が乾燥気味の人では皮脂を取られてカサカサになるんです。毎日使ううちに乾燥が進み、かゆみ、フケが発生します。

ヘアカラーやパーマの悪影響

毛を染めたりパーマをかけるのはごく日常的なことですが、これもつむじのかゆみの原因です。

パーマやヘアカラーに使う液剤は刺激が強く、頭皮につくと簡単に炎症・かゆみを起こします。

後の洗髪が不十分だと、かゆみから湿疹、炎症にまで進んでしまうんです。

スタイリング剤の悪影響

頭皮についたワックスやジェルなどは、汚れそのもの。毛穴をふさいで髪の成長を抑えるなど、頭皮の育毛環境を悪化させ、かゆみの原因に。

そして、ヘアスプレーも頭皮につきやすいんです。特につむじ付近はボリュームを出すために多めに使いがち。その結果、つむじのかゆみを起こしてしまいます。

つむじの頭皮がかゆい時の対策はどうする@薄毛はげ対策も


つむじがかゆい原因には病気もありますが、何でもない日常の中にも潜んでいるんですね。その対策は?

脂漏性皮膚炎などの病気は早く病院で治療を

脂漏性皮膚炎の原因は、マラセチア菌の異常な増殖でしたね。頭皮にいる常在菌とはいえ、炎症を起こすほどになれば医師の診察・治療が必要です。

つむじなどに強いかゆみがあり、皮脂が多くてベタつくフケが大量に出るのであれば脂漏性皮膚炎かも。ほっておくと悪化して脂漏性脱毛症になります。

皮膚科へ行くと、ケトコナゾールという抗真菌薬を処方されるでしょう。この薬は真菌の繁殖を抑え、頭皮環境の改善に特効薬的な効果を発揮します。
参考元:https://agahairclinic.com/times/shampoo-care/article_007501

アトピーや接触性皮膚炎も対処は皮膚科で治療が必要

また、アトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎も皮膚科で治療する必要があります。アトピーは体質などが絡む難治性の病気で、完治は難しいでしょうけれど。

対症療法になりますが、ステロイドなどを含めた医薬品で、かゆみ・炎症を抑える治療をすることになります。

皮脂欠乏性など乾燥によるつむじのかゆみはセルフケアで

病気以外、頭皮の乾燥が原因のかゆみの多くは、日常の生活習慣の改善で抑えられます

ドライヤーは短時間で

洗髪後のドライヤーは、乾かしすぎに注意しましょう。頭皮が熱さを感じるのはやり過ぎです。

髪が乾けばいいので、長時間頭皮に熱風を当てないように注意してくださいね。

シャンプーの見直しを

かゆみがあって、頭皮がカサカサの乾燥している場合は、毎日のシャンプーをアミノ酸系洗浄成分のものに変えてみましょう。

適度な洗浄力で必要な皮脂が残るので、過度の乾燥が抑えられます。

洗い方も見直しを

また、洗い方も見直します。ゴシゴシこすらず、後のすすぎは成分を残さないようにていねいに、時間をかけて洗い流してください。

また、過度のシャンプーにも注意しましょう。1日1回で十分なので、朝晩とか汗をかく都度といった洗いすぎは逆効果です。

パーマやヘアカラーは最低限に

つむじにかゆみを感じる人は、頭皮に重い負担をかけるパーマや毛染めはできるだけ減らしましょう。かゆみが治るまでは我慢がベストです。

スタイリング剤も必要最低限にとどめましょう。使うときは頭皮につかないよう、細心の注意を払います。夜、洗い落とさないで寝るのはもってのほか。

かゆみが治らない時は悪化しないうちに皮膚科へ

セルフケアではかゆみが止まらない場合、悪化すると抜け毛、薄毛の心配が出てきます。

フケが異常に多かったり、10日ほどセルフケアを続けてもかゆみが止まらない場合は、皮膚科での診察をおすすめします。

まとめ@つむじがかゆくても必ず薄毛になるとは限らない


つむじのかゆみは、脂漏性皮膚炎みたいな病的なもの以外は直接ハゲには無関係でした。

ひとまず安心ですが、油断は禁物。たかがかゆみと思って侮ってはいけません。

放置して長期化・悪化させて継続的な頭皮トラブルにしてしまうと、本当に炎症に発展。毛根に影響が及んで、抜け毛が始まるかもしれません。

かゆみの状態をよく観察して、適切な対処方法を早めに実行してくださいね

ABOUT ME
小早川武
AGAクリニックに通っていたけどお金がメチャクチャかかるので、育毛剤でなんとか復活させたい武です。現在、順調に回復中!薄毛に関する情報を当サイトでまとめていきます。