cl

薄毛だけどワックス(整髪料)使って大丈夫?ハゲにおすすめの使い方

ワックスって薄毛に悪そうな気がするし、使うと透けてよけいに目立ちそうです。

でも、軟毛だからすぐ乱れる髪型をビシっとまとめたいんですよね~。

そう思っても、ヘタにワックスを使うとぺったんこでスカスカに。薄毛向けのワックスの選び方や上手な使い方をまとめました。

薄毛の人がワックスを使うのは頭皮によくない?要は使い方

ワックスが髪や頭皮によくないのは確かです。ワックスだけでなくジェルやヘアスプレーなどのスタイリング剤は、基本的によくありません。

成分の石油系界面活性剤による悪影響

その理由は、ワックスなどに使われる石油系の界面活性剤です。洗剤成分なので汚れを取りこむ性質があるし、髪や頭皮のタンパク質を分解する働きもあります。

頭皮のバリア機能を弱め、髪を細くするなどの悪影響の可能性があるんです。

日常的に使うものなので、髪や頭皮にはワックス成分がずっと存在しています。そうなると、育毛環境の悪化が避けられないでしょう。薄毛にもよくないはず。

使いすぎると頭皮について毛穴をふさぐ悪影響

ワックスは、髪をコーティングするものですが、つける量が多いとどうしても頭皮についてしまうことは避けられません。

そうすると皮脂汚れが混ざって炎症から抜け毛につながったり、毛穴をふさいで髪の成長を抑える可能性もあります。自分の適量を守ることが大切です。

つけたワックスを落とさないのは薄毛に悪影響

ワックスは毎日洗い落としてから就寝することを心がけましょう。面倒だからと洗わないで寝てしまうと毛穴を詰まらせます。

残ったワックスに汗や皮脂が混ざると、雑菌が繁殖してさらに不潔な状態になります。薄毛にとっては最悪の頭皮環境ですね。

ワックスから頭皮を守ることを考えよう

ワックスを使っていると、こういった悪影響の可能性が出てきます。使わずに済めば一番簡単ですが、それも寂しいですね。

でも、薄毛だからといって、ワックスをやめる必要はありません。頭皮を守ることを考え、ワックスと使い方に配慮すれば、薄毛を隠すことだってできるんです。

髪や頭皮を守って薄毛を隠すやさしいワックスを選ぶ方法!

では、どんなワックスを選べばいいんでしょう。そもそもワックスにはどんな違いがあるんでしょうね。

成分にこだわって頭皮を守るワックスを選ぶ

一般的なワックスの成分には、化学物質が多く使われています。石油系界面活性剤、保存料などが、その代表的なもの。

薄毛の頭皮には、刺激になる化学物質はできる限り避けたいものです。体や顔につけても大丈夫なシアバター、アルガンオイルが主成分のワックスがおすすめ

これなら頭皮にダメージを与える可能性はなく、安心して使えます。ただし、こういったオーガニック系は高いのが難点です。

予算に合わなくて一般的なものから選ぶのであれば、伸びのいいもの、薄くつけられるものを選びましょう。

それなら薄毛の細い毛に負担にならないし、シャンプーでも比較的簡単に洗い落とせます。

ワックスの種類によって最適なものを@おすすめはクレイ

ワックスには、髪をまとめる力にも種類があります。剛毛の人はパワフルなワックスでないとまとまらないように、薄毛の人には薄毛向きのワックスが必要

薄毛には不向きなファイバーワックス

まず、一番強力なのが「ファイバーワックス」です。細かい繊維を混ぜこんで油が多いタイプ。伸びがよく、慣れない人でも使いやすいワックスです。

ただ、つけた後が重たいので、髪質が固くて毛の量も多い人に向いています。

薄毛の人がこれを使うと、毛が束になって隙間ができます。その間から地肌が透けるという、最悪の結果になるんです。

万人向けのクリームワックス

次は「クリームワックス」で、誰にでも使える中間タイプ。髪型に関係なく好きなようにまとめられ、普通の髪質ならだれでも使えます。

ただし、髪の量が普通かそれ以上ある人向けです。薄い人や細い髪質だと、髪が寝てしまいます。薄い部分では、頭皮がすごく目立ってしまうことに。

これも、残念ながら薄毛の人には向かないタイプですね

おすすめは薄毛を隠せるクレイワックス

薄毛の人に最適なのが「クレイワックス」です。ドライタイプ、マッドタイプとも呼ばれ、細かい泥成分が入っています。

毛が束にならず、泥成分で太く見えて透けません。薄毛には見えず、髪が増えたようにも見えます。油分が少なくツヤがないので、ワックスで固めた感じもなし。

キープ力もあって、細い毛でも根元が立たせやすい特長があります。ただ、たくさんつけすぎると重くなって、髪型が崩れるので注意が必要です。

難点は、落としにくいこと。洗浄力が強い石油系シャンプーで洗った後、植物系で2度洗いしないとすっきりしないでしょう。頭皮への影響が少し心配ですね。

薄毛の人向けのワックスの上手な使い方@その①基礎基本編

薄毛の人に向いたワックスを選んでも、自己流で使ったのでは薄毛が悪化しかねません。特性を生かした正しい使い方を知っておきましょう。

まず、基本的な使い方のポイントを押さえておきます。

ワックスは頭皮につけてはいけません

ワックスは育毛剤とは逆で、頭皮に直接つけてはいけません。ワックスは油の固まりといってもよく、それが頭皮にべったりつくと、毛穴が詰まってしまいます。

そうすると、髪の毛が成長しづらくなり、太かった毛が次第にやせて細くなります。細くて弱い毛は抜けやすく、やがては抜け毛から薄毛に進みます。

ワックスをつける部分は主に毛先で、せいぜい中程までですね。頭皮につかないよう、根元からは離すことを意識しましょう

ワックスを使う量に注意

ワックスは使いすぎないように注意しましょう。使う量が多すぎるのは、薄毛の人には逆効果です。

べったりと毛が寝てしまうし、髪が束になって、その下の地肌が透けて見えます。いかにも薄毛という印象になってしまうんです。

頭皮にもついて洗っても落ちにくくなり、汚れとして頭皮へのダメージに。商品に記載された使用量を目安に、使い過ぎないように注意してください。

薄毛の人向けのワックスの上手な使い方@その②薄毛隠し編

続いて、薄毛を隠すワックスの使い方を紹介しましょう。

何をするかというと、薄い部分のボリュームアップで、そのためのツールにワックスを使おうというワケです。

まず下準備から・ドライヤーで根元立ち上げ

ワックスを使う前に、薄毛の部分の髪の毛を立ち上げておくと、ワックスの効果がアップします。

ドライヤーを使って髪の根元を起こすんですが、片手で髪をつかんで上に引きながら根元に温風を当てると立たせやすくなります。

温風の方向は後頭部から。髪の流れに沿って立たせていきます。前から当てると髪が寝てしまいます。

また、髪が多い部分は逆にボリュームを抑えておきます。そうしないと薄い部分とのバランスがとれませんからね。少ない部分を多く見せるのがポイントです。

適量のワックスを手の平に乗せて伸ばす

人差し指でワックスをすくい、手の平にのせます。山盛りではなく少な目でいいです。足りなくなったら少しずつ足せばいいので。

最初からごっそり取るとつけすぎてしまい、ボリュームが出せなくなるので少な目にしておきます。

何回かやっているうちに、自分の適量がわかってくるでしょう。

手の平のワックスを両手をすり合わせて全体に伸ばします。髪ではなく手にすりこむようなイメージです。ワックスの色がわからいくらいに伸ばしてください。

後頭部から前に向かって塗っていく

次は髪にワックスをつけるんですが、方向は髪の流れに沿って後頭部から前へ向かってつけていきます

つけかたは、両手で髪をはさみ、すり合わせるようにしてつけていきます。こうすると、根元につかずにすみます。

髪が短い部分は指を使って、頭全体にまんべんなくつけてください。ついてない部分があると,そこだけ跳ね上がったりしてうまくいきません。

特に、薄い部分を立たせようとそこだけつけると、周りよりボリュームが少なく見えて逆効果です。

仕上げにヘアスプレーで髪形が長持ち

ワックスをつけ終わったら、ヘアスプレーで仕上げです。せっかくの髪形を長持ちさせるのに効果的です。

また、薄毛の髪は細くて柔らかいので、立たせた髪がワックスだけでは維持できないこともあります。そんなときの補助としても有効なんです。

まとめ@薄毛でもひと工夫すればワックスでおしゃれを!

薄毛でワックスを使うと透けてペッタンコ。それに薄毛が進みそう。これが多くの人の認識でしょうね。

でも、ワックスは頭皮につかなければ悪影響は避けられるし、種類と使い方に注意すれば薄毛の人でも使えます

細い毛が風になびいてヘアスタイルが決まらない。こんな薄毛の人の悩みも、ワックスで少しは解消できそうですね。

自分の髪に合うワックスを、探しに行ってみませんか?

ABOUT ME
小早川武
AGAクリニックに通っていたけどお金がメチャクチャかかるので、育毛剤でなんとか復活させたい武です。現在、順調に回復中!薄毛に関する情報を当サイトでまとめていきます。